改装オープンする東急百貨店東横店に、ニューヨークスタイルのカフェ「クッチーナ&カンパニー」がオープンして話題を集めている。

 運営元のシダックスグループによると、3月15日のオープンから3日間で1,200名もの客が訪れ、5種類のパンケーキは約1,100食も売れたという。

 クッチーナ&カンパニーはニューヨークで展開されているカフェブランドで、グランドセントラル駅に1号店がオープンしたのが1991年。それから店舗拡大を進め、今春日本初上陸にいたったという。

 さて気になるパンケーキの画像が、トゥギャッターのまとめにもいくつか掲載されている。

 開店と同時に入店したという人は、上のツイートのように味を表現。ちなみにバターは百花蜜と胡桃を練り込んだ、自家製ハニーバターを使用しているそう。シロップも自家製オリジナルメープルシロップと塩キャラメルソースの2種類を楽しめる。

 このニューヨークテイストのパンケーキやスイーツをプロデュースするのは、有名パティシエの倉嶌克彦氏。

 新しいスタイルのパンケーキを提案しているそうだが、ふんわり感やもっちり感は写真からでも伝わってくる。

 新種のパンケーキを味わいたい人は、週末に出かけてみてはいかが?

ページを して誰よりも早く話題をシェア!
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事