ジャンボ機の愛称で親しまれてきた全日空(ANA)「ボーイング747−400D型」が12日、8年ぶりに大阪の伊丹空港に飛来し、そのときの画像が話題になっている。

 同空港では騒音規制のため、2006年春以降からエンジン3基以上のジェット機の運行ができなくなっていた。

 しかし、3月末の引退を前に特例として全日空が地元の親子連れなどを招待し、最後の遊覧飛行を行ったのだ。

 最後の勇姿も投稿されている。

 同機は2011年に日本航空(JAL)が全機を退役さえており、これで国内旅客航空会社の保有はゼロとなる。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事