2014年4月9日に、MicrosoftのOS「Windows XP」、また「Office 2003」のサポートが終了となる。

 ユーザーによれば、上記の画像は東京大学内にある証明書自動発行機とのこと。操作中に画面が切り替わったところ、XP搭載であることが判明したようだ。

 サポートが切れると、セキュリティ更新プログラムも終了してしまう。証明書には学生たちの個人情報も含まれるので、流出してしまうリスクが高まるのだが…。

 どうやらサポート終了前の4月1日に、大学側はOSをアップデートするもよう。東大生の学生さんは安心なようだ。

 また、Windows Embedded なら、XPでも2017年1月30日までサポート予定とのこと。

 4月9日までに自分のパソコンをチェックしておこう。アップデートはお早めに。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事