エリコちゃん

つけまつげとアイプチが手放せないOL

ミカ先輩

 エリコに魔閃光を教えた先輩

 

 

 

 

う、うううう、うううう~~~!!

パクパクパクパク…。

クキュウ~~~~~!!!!

あっ、エリコちゃんがキモい。

あ~~~~~~!!!!

大丈夫?

先輩! これ見てください!

これはフォロワーが50万人いる某人気アニメキャラなりきりアカウントじゃない。それがどうしたの?

この絵は…。

私が描いたんです~~~~~!!!!

文字がでかいよ。

私のアカウントじゃ星ひとつ!

リツイートひとつもらえなかったのに!

クゥゥ~~!!!!

 

 

わかったから、宇宙で回転するのやめてよ。

まあいいか。

切り替えはやいね。

しかし、近頃の若者の著作権意識はどうなっとるのかね。

最近は著作権云々に関するトラブルが多いわね。

近頃では、他人の著作を盗用することに関して何の罪悪感も持たない層を「ニューエイジ~恐るべき子供たち~」と呼んで恐れる向きもあるわ

 

 

 

 

 

 

ニューエイジ ~恐るべき子供たち~!!!!!!!!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューエイジ ~恐るべき子供たち~

 

嘘よ。

嘘だった! よかった~。

ネット上で盗用や転載のトラブルが絶えなくなったのは、単純にSNSやマイクロブログの普及で発信者の立場になる人が増えたからじゃないかしら。

 

発信者の立場になる人が増えたことで、ものを作る人は爆発的に増えた…。これは害悪ばかりもたらすインターネットの数少ない功績のひとつね。

 

だけど発信サイドの人間の増加はダークサイドの人間…。すなわち「自分で何か作ったりするわけじゃないけどとにかくチヤホヤされたい勢」も大量に産んだのよ。

 

その結果がパクツイ?

私たちは幸か不幸かネットのお陰で「手のかかった創作物が無料でゴロゴロ転がっている」という状態に慣れきっている…。

 

もしかしたら、その恵まれた環境が作られたものに対するリスペクトを麻痺させているのかもしれないわね。

 

ライフタイムリスペクト…。

 

 

 

 

 

 

 

引用と転載

 

今回のエリコちゃんの被害は完全に転載だけど…。もっとうまくやれば転載でなく”引用”の範囲で似たようなことをやることはできるわ。

 

それって”まとめサイト”みたいな?

そう、例えば…。

 

 

 

 

 

私がここでエリコちゃんのこのよくわからない発言の画像を貼ったら「転載」になるわいな。

 

だけど…。

 

 

 

 

 

 

 こうやって元のツイート自体を埋め込み表示させれば、たとえそれを「~が話題に」的なまとめ記事に仕立てて労せずしてアフィリエイトで1億円儲けても無罪放免ってわけよ。

 

ふざけるな! 1億円返せ~!

後になって「見ず知らずのオッサンを儲けさせるために言ったわけじゃない!」と主張しても手遅れだから、その怒りは本当に転載してるやつを探してぶつけるしかないわ。

 

 1億円返せ~!

 

 

 

 

 

 

 

バイラルメディア

 

近頃ではこういう既存の情報をまとめただけのサイトが「バイラルメディア」、それからまとめることを「キュレーション」と大層素晴らしいことのように名乗っていることが多いわね。

 

世も末だなあ。

つまるところ…。

 

 

 

 

あなたが苦労して何かを表現したとして…。

 

 

 

 

それを「コイツ面白いでしょ?」と紹介しただけの人が

富も名誉もかっさらっていく時代がそこまで来ている…。

 

そこまで来ているのよ!

わっ最悪だ!

でもそれがインターネットなのよ!

もう一度言うわ、それがインターネットなのよ!

それが嫌なら…。

それが嫌なら?

 

 

 

 

 

インターネットやめろ!

 

 

 

 

 

 

インターネットやめる!

 

 

 

 

 

 

 

(おわり)

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
小野ほりでい

がんばってイラストも描くライター。人気ポータルサイト「オモコロ」で活動休止中。TwitterIDは@onoholiday

いま話題の記事