本来の目的とは異なる使い方を利用する人が多すぎて、完全にプールと化した噴水が話題になっている。

 茨城県水戸市にある水戸芸術館の噴水には、暑くなると水に入る人が多いため、水を塩素消毒しているそう。現在、清掃作業などを行っているため、噴水に入らないよう注意を促しているのだが、「もしもし? プール開きはまだですか?」と問い合わせが来たようだ。

 同アカウントでは、過去にも同様の投稿を行っている。少なくとも2012年には、噴水に入れるか確認する電話が来ているようだ。

 自虐なのか、自らをプールと呼ぶことも。

 暑い日が続いているけど、プール開きならぬ”噴水開き”まで、もう少し待とう!

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事