ファミコン世代にとっては、最近の若者とのジェネレーションギャップに驚愕してしまうエピソードが話題になっている。

 投稿者によると、通りすがりの高校生たちが「ファミ通のファミって何だろう」「ゲーム雑誌だからドレミじゃないよな」という会話が聞こえてきてとても衝撃を受けたそうだ。

 ファミ通の「ファミ」は当然、「ファミコン」から来ているが、それを知らない世代の会話にアラサー世代は騒然となった。

 すでに「おもちゃの歴史」として授業で紹介されることもあるというファミコン。時代の流れとはいえ、何とも寂しい気持ちになりますね…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事