001

こんにちは。ひにしです。

みなさんは「スクールカースト」という言葉をご存じでしょうか。

スクールカーストの構図 (1)

このような学校内での人気の序列を、ヒンドゥー教における身分制度に当てはめて表したものを指します。スクールカーストという用語自体は近年使われるようになったものですが、振り返ってみると確かに自分の学生時代もこんな勢力図ができていたように思います。

学生時代の私は、ご覧のとおり常に2軍に在籍しながらも、1軍にも3軍にもふらりと顔を出す”遊軍”のような動きをしていました。
ちなみに、中学2年の私はこちら。

 

002

絶対に1軍にはなれない地味顔。コミュ力だけでかろうじて2軍にいた感じでした。

誰も明言はしないけど確実に“そこ“にあった、目には見えないヒエラルキー「スクールカースト」。今回は、アラサー女性5人を集め、スクールカーストはどのようにして決まっていったのかを振り返ってみたいと思います。

 

003

ちなみに、座談会が盛り上がりすぎて今回の記事はものすごく長編です。

 

スクールカースト座談会の参加者はこちら

1人目:オール1軍さん

小中高の学生時代だけで30人以上から告白された経歴の持ち主。中学時代は他校にファンクラブがあったり、彼女の電話番号を売りさばく人が出たりするなど、おそろしくモテていたらしい。高校では、携帯の電話帳に「告ってきた人フォルダ」を作って、トラブル回避していたという逸話も…。

 

2人目:女王様さん

中2の時、隣の高校の部活動を眺めていたら、フェンス越しに「君かわいいね、今度試合見に来てよ」と声をかけられて付き合いだしたという、少女マンガでしか見たことがないシチュエーションの経験者。

中学時代に「なんかあの子イヤ」と言った翌日から、学年中でその子が無視される事案が発生し、ビビったことがある。自覚はないが、学校内でかなりの影響力を持っていたと考えられる猛者。

 

3人目:レシーブさん

「1軍でハブられて2軍に落ちてくる子の一時的な受け皿のような役割だった」と語る。ハブられ女子は順繰りに現れるため、バレーボールのレシーブのごとく「そ~れっ」と1軍へ打ち返していたんだとか。その例え、すっごくよく分かる。

高校では付属中学のある進学校に入った途端、学力レベルが最下層に。部活にも入らなかったため3軍落ち。同級生男子の連絡先を1つも知らなかったという3軍エピソードを持つ。

 

4人目:手洗いさん

小学校では2軍からの3軍落ちを経験。3軍の頃は休み時間のたびにやることがなくて手ばっかり洗っていたという味わい深いエピソードを披露してくれた。

一転、高校に入ってからは通学中に知らない人にメアド書いた紙をもらうなどモテ始め、本人曰く「ギャルさえいなければ1軍」という位置を手に入れる。

 

5人目:下剋上さん

「3軍どころか、もっと下があるなら小中学校時代は最底辺」と語る下剋上さん。体育のペアを作る際、基本的に誰とも組めずいつも先生とペアになっていたとか。このような経験から、高校では目立たないように自ら3軍に属していたという。

まともに男子と会話したこともなかったが、大学デビューで一気に開花。4年間で5人から告白されるという大逆転を決めた彼女のエピソードは、涙なしには語れない。

 

カーストが浮き彫りになる瞬間、恐怖のグループ分け

icon_hinishiまずは、学生時代にスクールカーストの存在を感じた瞬間があれば聞いてみたいんだけど…。

授業でグループや班を作る時に、リーダー同士でじゃんけんをして勝った順に好きな人を選ぶってことあったよね? あの時に、最後まで自分が残って、押し付け合われるのは結構つらかったな。

分かる! 穏便にグループに入れてもらえるように気を使ってた。思い出すとなんだか息が詰まる…。

私はそういう子がいたら、「一緒に組む?」「グループ入る?」って声かけてたよ。

そういう優しい1軍の子もいた! けど、その後ほかの1軍の子から「調子に乗るな」とか言われたりするのが怖くて、逆に優しくしないでって思ったこともあるな。

えっ、そんなことってあったの!? うちの学校にはなかったと思うけど…。

icon_hinishiいや、たぶん女王様さんの学校にもあったんだよ。知らない所で。

 

IMG_8442

うんうんうんうん、絶対そう(全員うなずく)

良かれと思っていたけど、それが原因で誰かに迷惑かけていたかもしれないんだね…。

icon_hinishi女王様さんは1軍の頂点すぎて、スクールカーストの存在に気付いてなかったんだよ…。

女子トイレは戦場!?

icon_hinishi女子ってトイレもやたら連れ立って行ってたよね? あれ何だったんだろうね。

私は基本的に1人でトイレに行ってたけど、なぜかいっつも空いてた。卒業してから私が怖くてみんなトイレから出るようにしてたって聞いたよ。

icon_hinishiどんだけ女王様なんですか!

逆に底辺だった私は、トイレ休憩がカースト上位の子たちと被らないように、なるべく水分を取らないで、学校でトイレ行かずに済むようにしてた。

その結果、高校になってもその癖が抜けなくて、「下剋上ちゃんは全然トイレ行かないね」って言われてたよ。

icon_hinishiごめん、下剋上さんのエピソードつらいわ…。

 

1軍 vs. 1軍の争い

1軍の中にもいくつかグループあって、1軍同士の争いとかもあったな。そういえば、こんな状態になった時があって…、

1軍同士での争い (2)

Bグループの側近の言動がヒドイなと思って、向こうのボスに「やめなよ」って言ったら、側近たちが私の上履きに画鋲(がびょう)を入れてきて

icon_hinishiうわ~ドラマみたい。それでどうしたの?

そのボスの子の机まで画鋲返しに行ったよね。笑顔で「なんか入ってたんだけど?」って。

 

IMG_8441

全員)こ、こえーー!

女子って本当にそういう陰湿なところあるよね。でも、1軍同士は互いへの嫉妬心で、3軍は腹いせにやられているイメージ。

2軍はそういう分かりやすい感じでなくて、”空気でハブられる”というか、無意味にターゲットが順番に回っていた気がする。

icon_hinishiうわー全部分かるわ。そうそう、学校ってなんか生きづらい雰囲気あったなぁ。

 

見た目とコミュ力

icon_hinishiスクールカーストが形成される上で、「見た目」の要素は確実に影響するよね。

うん。自分が救いようのないレベルのブスだったのも、底辺だった一因だと思ってる。

ブスで1軍って子はいなかったなぁ。けど、逆に美少女なのにおとなしくて3軍ていうパターンは結構あったかも。かわいいだけで自動的に1軍というわけではなかったね。

icon_hinishi私も学生時代は結構な地味ブスの自覚があったけど、微妙にコミュ力があったから男女関係なく普通に会話できたなぁ。男子とも仲良くできたのは、2軍でいられた理由かもしれない。

icon_hinishiなんていうか、中学で男子のチャリに2ケツとかできるのはモテ要素のある1軍の子だった。

確かに男の子と2ケツしてたかも(笑)。私、高校が理系で男子率が高めだったから3年間で20人くらいから告白されたんだけど、校内で人気の男子と仲良くしていると、運動部のマネージャー的な女子から嫌がらせされたりするんだよね。

だから、だんだん外部の“ストニュー”(※『東京ストリートニュース!』という当時のイケてる高校生たちが載っていた雑誌)のモデルやっているような人と友だちになって、学校外のコミュニティで遊ぶようになった。

 

015

そんな人生送っている人って現実にいたのか。少女マンガだけの話だと思ってたよ…。

icon_hinishi女王様さんもずっと彼氏が途切れなかったんだっけ?

そうだね。まず学年の中で1番モテる男の子が幼なじみで仲良くって、

もうその時点で勝ち組!

私が中1の時は中3の彼氏、中2で高校生の彼氏、高校生の時は大学生と…みたいにどんどん年上と付き合ってきたから、同年代の男子とか子どもにしか見えなかったね(笑)。

あと、後輩の女の子たちがこっちを見てるから手を振ったら「キャー!」って言われたりもしてた。

icon_hinishiわー、いましたよ。そういう孤高の人! スクールカーストとかいうくだらない枠を完全に突き抜けている人!

ごめん。オール1軍さんと女王様さんの話聞いてたらもうなんか…、

 

017

「最初に書いた“1軍”って文字を本気で消したい。次元が違いすぎる。私は全然1軍じゃなかった!」とゴシゴシ消そうとする手洗いさん。

 

スクールカーストの不思議! 頭脳よりも運動神経のよさが人気のポイントに

icon_hinishiさっき運動部の話が出たけど、学生時代はやっぱりスポーツマンが人気だったのは間違いないよね。私は運動に関してはザ・平均だったんだけど、得意だった人はいる?

icon_joouはい。

必須ではないけど、運動神経が良い子って1軍に多かったような気がする。反対に、超運動ができる3軍ってイメージないかも。

icon_hinishiちなみに、このなかで割と勉強ができた人は?

icon_gekokujoはい。

学年委員長もやっていたので、「かわいいけど勉強はあんまり…」みたいなタイプの女子からは常に目の敵にされていたよ。

icon_hinishiスポーツも勉強もできんのかよ! オール1軍さんはいったいなんのマンガの主人公なの!?

住んでる世界が違う…。私の場合、逆に小中での2軍ポジションは勉強ができることで一目置かれた結果のような気がする。その分、高校は進学校で周りのレベルが高かったから、自信なくしてそのままカーストも急降下したわ。

頭の良さはプラスにならなかったなぁ。もともと勉強ができたから、高校受験で猛勉強して、うちの中学からは誰も行けないレベルのむちゃくちゃ偏差値高い進学校へ入った

結局、高校でもビビって目立たないようにしていたし5軍から3軍程度の変化だったけど、1軍も2軍もいい人ばっかりで、小中学校時代みたいなつらさは感じなかった。

icon_hinishi下剋上さんは自称・カースト最下層だったのに、腐らずにちゃんと自分で居場所を切り拓いたんだね。

余談だけど、高校に入学してから化粧とかでかなり外見が変わったみたい。小学生の時に告白した男の子にずっとイジメられていたんだけど、成人式で再会した時に私を見かけて「あの子誰!? 超かわいい!」とか言っていたらしくて。

「お前がいじめてた下剋上さんだよ」と教えられて会場から逃げるように帰っていったという話を聞いた時は、本当に胸がスっとした。

icon_hinishi下剋上さん、文字どおりの素晴らしい下克上だわ…。

 

趣味はスクールカーストを大きく左右する?

icon_hinishi学生時代、どんな雑誌とか読んでました?

『ピチレモン』とか『セブンティーン』、『Zipper』も流行ってた。あと、『mini』『popteen』。

icon_hinishi分かる! ほかにも『エルティーン』っていう、ちょっとエッチな体験談が載っている雑誌を回し読みしたり!

私も同じ感じ!

 

019
…。

私、全然かすってもいない。その雑誌。

私も。

icon_hinishiえ、マジで? ごめん、じゃあ何を読んでたの?

『ファンロード』とか、『ファミ通』とか。

私も、『別マ』(※『別冊マーガレット』)とか、主にマンガだった。

 

020

2人ともごめん。私も黙ってたけど、ヴィジュアル系専門の雑誌の『SHOXX(ショックス)』とかすっごくよく読んでた。V系の話は、目立たない3軍グループにいる共通の趣味の子と盛り上がってました。

あ、私もゲームが好きだったから、おとなしめのグループにいるゲーム好きの子に自分から話しかけて盛り上がってた!

趣味によるカースト間の交流は確かにあったよね。女王様さんみたいなスクールカーストにとらわれずに生きている人、憧れだったわ…。

 

1軍が感じていた3軍への思い

icon_hinishi1軍から見て、3軍に対してどんなことを思っていましたか?

普通に「もうちょっと仲良くしてくればいいのに」って思ってた。

 

021

無理無理~! めっちゃ上から目線じゃないですか!

そういうつもりじゃなくって! うーん…何て言うんだろう。上手く伝えられないな…。

話してみて思ったんだけど、オール1軍さんと女王様さんって、1軍の中でも上のほうというか、カーストの頂点にいたんじゃないかな。

 

つまらない嫌がらせしたりハブったりしていた女子って、トップにいる子の腰巾着みたいな「1軍内の小物」だったのかも。

2人は別世界みたいな経験をしつつも、3軍への嫌がらせをいさめたりオタクだろうと偏見を持たずに接したりしていて、真の1軍はいい人だったんだなって。オール1軍さんの言ったとおり、自分からいけば普通に仲良くしてくれたのかもなって思った。

下剋上さん、まさにそういう意味! ありがとう!

icon_hinishiなるほどね。ヒエラルキーで暴れていたのは、実は1軍の中の小物だった説か。って、これまでの話を通じて、私ピーンと来ちゃったよ!

 

024

スクールカーストがどう決まるのか、なんとなく解明できちゃったかも!

全員)えええええええ!

 

これがスクールカーストを構成していた要素だ!

hikaku

icon_hinishi見た目、運動、勉強、コミュ力、趣味、男子(モテるか、男子と話せるか)。
この6つの要素がスクールカーストに影響しているのではないかと思うの。みんなの要素を図にしてみるとこんな感じね。

 

025

 

026

 

028

 

027

029

 

030

 

icon_hinishi各要素を5段階評価して比べてみると、1軍になるほど図の面積が大きくなることが分かるよね。つまり、かわいいだけ、勉強ができるだけとかではなく、この6つの要素を組み合わせた総合得点でスクールカーストは決まっていたのかなって。

 

【ひにしの仮説】

暗黙のヒエラルキー「スクールカースト」は、
見た目、運動、勉強、コミュ力、趣味、男子
以上6つの要素で決まっていた!

 

学生時代にこういう人間関係に悩まされたことが懐かしいなぁ。大人になってかなり生きやすくなったわ。

本当にね。底辺を経験したからこそ、今は人間関係に悩むことは減ったと思う。元3軍の自分としては、「今は不遇のカーストにいる人でも希望を持って、とりあえず3軍でうまくやっておけ!」とは言っておきたい。

 

というわけで、今回のスクールカースト座談会はいかがだったでしょうか。
女性ならではのポイントもあると思うので、男性の場合はまた異なる要素が見つかるかもしれません。もちろん、地域や学校によっても差があるはず。

ちなみに、座談会終了後はほぼ全員初対面だったにもかかわらず、元1軍、元3軍だなんて関係なく、連絡先を交換して飲みに出かける面々がいました。

一つ確実に言えるのは、あの頃、学校や狭い教室の中でうまく居場所を見つけられなかった人も、無難に過ごしていた人も、目立っていた人も、みんな大人になると世界が広がるということ。そして、思いもよらない交友関係が生まれることだって珍しくありません。

世の中には「スクールカースト」なんて、狭いコミュニティのものさしでは測れないものがたくさんあります。私も偉そうなことは言えないけれど、もしも今悩んでいる学生さんがこれを読んでくれていたら、とにかく前を見て今を生き抜いていけば、未来はそんなに悪いものではないと思うよと伝えたいです。

 

(おわり)

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
ひにしあい

好きな本は路線図、好きな音楽はビジュアル系。特技はカラオケ芸。嫌いなものは犬好きを装う女。スクールカーストは常に2軍。女ならではのあるあるを試し続ける人。

個人サイト「ひにログ」。TwitterIDは@sunwest1

いま話題の記事