小さな顔と分厚い毛皮が特徴的で、表情が愛くるしい「カワウソ」。動物園や水族館でも人気者だ。

 そんなカワウソの姿がTwitter上で話題となっている。

 上記は、三重県伊勢市にある「二見シーパラダイス」(4月から「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス」に名称変更予定)で撮影された「ツメナシカワウソ」の写真だ。

 投稿者によれば、「カワウソたちがリゾート地のビーチチェアでくつろぐように寝てくれたら」と、飼育員さんが製作したベッドらしいのだが、なんだかイメージと違うような…?

 ベッドの形が漁獲した魚を入れる「トロ箱」に似ているためか、まるで水揚げされた魚のようだとの指摘の声も。

 とはいえ、狙いどおりにカワウソはくつろいでいるようなので、飼育員さんとしては満足かもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!