ボールペンを使っているときに手でこすってしまい、インクがにじんでしまった経験はないだろうか?

 現在Twitter上では、とあるボールペンが話題になっている。

 上記画像で紹介されているのは、ゼブラが今年2月に発売した「SARASA dry(サラサドライ)」。同社のボールペンブランド「サラサ」シリーズの新製品だ。

 投稿者によれば、書いたばかりの字に触れたり油性マジックで上書きしてもにじまず、アナログイラストのペン入れに役立ちそうだという。

 ただし、水性ジェルインクのため、蛍光ペンなどの同じ水性マーカーは相性が悪いようだ。

 さっそくTwitter上では、実際に「サラサドライ」をイラスト制作に使用した感想も投稿されている。

 アナログイラスト彩色の定番・アルコールマーカー「コピック」には、多少にじんでしまうケースがあるようだ。用紙によっても異なるので、まずは試し書きをしてみるのがいいだろう。

 もちろん、イラスト以外の用途にも使えるボールペンなので、左利きの方や消しゴムで下書きを消す必要がある方は重宝するのでは?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事