パシャリと撮影した証明写真が、まるで指名手配犯のような写りになってしまった…という経験をした人は少なくないだろう。

 特に免許証などの人に見せる機会の多い写真ほど、なんとか上手に写りたいもの。そんなお悩みを抱える方々に朗報だ。

 上記は、2枚の免許証写真を比較した画像だ。投稿者によると、白い服を着ることで影を飛ばしてくれる効果が生まれ、写真写りがよくなるとのこと。

 確かに2枚の写真を比べてみると、画像右手のほうがくすみが少なく、肌の透明感がアップしたように見える。たった一手間なのに、写真全体の印象もくっきり鮮やか!

 どうやら、白い服はプロのカメラマンなどが撮影に使う「レフ板」の役目を果たしているようだ。レフ板は光をコントロールする反射材で、それと同じ効果が白い服でも見込めるというわけだ。投稿者によれば、膝元に白いコートやストールをおくだけでも変わるのだとか。

 そのほかに、赤いアイテムを使うと血色のいい顔色になるという情報も。近々撮影を控えている方はぜひ試してみてはいかがだろうか?

 ちなみに、都内の運転免許試験場をはじめ、条件を満たしていれば持参した写真が使える場所もある。写真にこだわりのある方は、こちらなどを参考に用意していくと安心だ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事