明日3月14日はホワイトデー。みなさんはバレンタインデーのお返しに、何をあげるか決めただろうか。

 現在、ホワイトデーを作ったとされる福岡の菓子店「石村萬盛堂」の新聞広告が反響を呼んでいる。

 これは、ホワイトデーにマシュマロを贈ると、「嫌い」という意味になるといったネット上の噂に対する反論のようだ。

 「バレンタインにもらったチョコレートを、僕のやさしさで包んでお返しする」という意味を込めチョコ入りマシュマロを売り出したが、今ではまったく逆の意味で理解されているという同店。

 「嫌いな相手に、嫌いだと伝えるための贈り物が存在する世界など嫌だ」と主張している。

 さらに「どんな好意も、悪意になり得るネットの世界は、かくも真意がブレやすい」、「遠くの見知らぬ人に振り回されるより、どうか目の前の人と、日々笑顔でお過ごしください」と述べ、ネットを皮肉っている。

 ホワイトデーに向けて、多様な商品が販売される現在、何を送ろうかと悩む男性も多い。老舗菓子店からのメッセージにみなさんは何を感じただろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事