料理をよくする方でも、玉ねぎのみじん切りに苦戦した経験はないだろうか? 実が飛び散るうえに、目や鼻にはツーンとした刺激…涙なしに切るのはなかなか難しい。

 しかし、モロッコ流のみじん切りならこの問題を解決してくれそうだ。

 上記の動画を見ると、そのやり方はいたって簡単。

 まずは、玉ねぎを手に持って回しながら、ナイフで縦に切り込みを入れていく。全体に斬り込みが入ったら、続いて横からナイフをスライドさせつつ、玉ねぎを持ったまま回転させる。

 たったこれだけで、あっという間にみじん切りに! 下にボウルを置いておけば、まな板いらずなのもうれしいポイントだ。

 投稿者によると、小ぶりなぺティナイフでもザクザクとみじん切りにできるそう。モロッコ流のコツは、ナイフをスライドさせずに振り下ろすこと。

 ふとした拍子に手を切ってしまわないか心配なところだが、玉ねぎに刺さったナイフは自然に止まるので問題なさそうだ。

 そのほかのTwitterユーザーによれば、モロッコ流のみじん切りは玉ねぎの繊維に沿って刻んでいるため、細胞が傷つきにくく、刺激成分の「硫化アリル」を抑える効果も期待できるとのこと。

 今まで玉ねぎに泣かされてきた方は、ぜひモロッコ流の切り方にチャレンジしてみては?

 

訂正のお詫び

本文で、刺激成分を「硫酸アリル」と表記しておりましたが、正しくは「硫化アリル」でした。情報に誤りがございましたこと、訂正してお詫び申し上げます。(2016.03.29.22:00)

 

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事