こんにちは、セブ山です。先日、僕のタイムラインにこんなツイートが流れてきました。

ゆったりとした雰囲気の中で本格的なコーヒーが味わえることでお馴染の「スターバックスコーヒー」。

その公式Twitterアカウントによると、「マンゴー パッション ティー フラペチーノ® withマンゴー プディング」をティー抜き&ノンホイップのカスタマイズで注文すると、より濃厚で、フルーティーなマンゴーを味わえるのだとか。これはぜひ試してみたい!!

でも、本当においしいのかな? Twitterアカウントを管理している広報担当者が、勝手な思いつきでツイートしているだけなのでは?

 

tg_20130418_17_01

セブ山「というわけで、公式Twitterアカウントのオススメカスタマイズレシピが本当においしいのかを確かめるために、スターバックスにやってきました~!」

 

tg_20130418_17_02

店員「いらっしゃいませ~! ご注文をどうぞ!」

セブ山「えっと、『マンゴー パッション ティー フラペチーノ® withマンゴー プディング』をティー抜き&ノンホイップのカスタマイズで1つください。」

店員「あの、お客様…」

セブ山「はい?」

店員「申し訳ございません…、そちらのメニューはご用意できません…」

セブ山「ええっ!? どうしてですか!?」

店員「じつは、マンゴー プディングは期間限定メニューなので、現在は扱っていないんです。なので、今ご注文いただいたカスタマイズはお作りできないんです…」

セブ山「そんなバカな!! 僕はスターバックスの公式Twitterアカウントのつぶやきを見て来たんですよ!!」

店員「あの…そのツイートの日付はいつになっていますか?」

セブ山「え、日付?」

>2012年7月13日 – 14:28

 

tg_20130418_17_03

セブ山「うぎゃぁぁぁぁあああ!!!!  約1年前のものだったー!! なんてこった!! 日付を確認していなかった!! 店員さん!! すみません!! 申し訳ない!! 完全に僕のミスです!!」

店員「いえいえ! むしろ、せっかくご来店いただいたのにご用意できなくて申し訳ありません!!」

セブ山「店員さん、めっちゃいい人だ!! ますます申し訳ない気持ちになる…」

店員「あの、せっかくなので、私のオススメのカスタマイズを試していただけませんか? 白桃の味がするフラペチーノなんですが」

セブ山「え! 白桃フラペチーノ!? おいしそう!! でも、メニューには白桃なんて文字は見当たりませんよ…?」

店員「そうなんです。あくまで白桃の味がするフラペチーノなんです」

セブ山「白桃の味がする? どういうことですか?」

店員「じつは、マンゴー プディングは取り扱いを終了してしまいましたが『マンゴー パッション ティー フラペチーノ』はメニューにございます。ティー抜き&ノンホイップでご注文いただき、ホワイトモカシロップをプラス50円で追加していただくと、あら不思議!! 白桃の味がするフラペチーノが完成するんです。せひお試しください!!」

セブ山「え~~!? 『マンゴー パッション ティー フラペチーノ』にホワイトモカシロップで白桃の味になる? 怪しいな~。プリンに醤油をかけたらウニの味になる的なアレじゃないんですか~? でも、試してみる価値はありますね!! それ、1つください!!」

店員「ありがとうございます!!」

 

tg_20130418_17_04

というわけで、店員さんがオススメしてくれた「白桃の味がするフラペチーノ」がこちら。

マンゴー パッション ティー フラペチーノは情熱的なオレンジ色をしていますが、ホワイトモカシロップを入れたからなのか、ややオレンジ色が薄まって黄色に。

はたして、本当に白桃の味がするのでしょうか? さっそく飲んでみましょう。

 

tg_20130418_17_05

(チュピーーー)

 

tg_20130418_17_06

セブ山「えぇっ!? なにこれ!! 本当に白桃の味になっているー!! なんでー!?」

セブ山「白桃っぽい味なんじゃなくて、白桃そのものの味になっている!! もともとはマンゴー味のはずなのに不思議!! しかも、めちゃくちゃウマい!! 爽やかな甘さで、さっぱりしているので、これからの季節にはピッタリだぜ!!」

 

【結論】
「マンゴー パッション ティー フラペチーノ(ティー抜き&ノンホイップ)」に、ホワイトモカシロップをカスタマイズすると、白桃の味になる!!

いつもとはちょっと違うカスタマイズに挑戦してみたくなったら、ぜひお試しください!

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
セブ山

インターネット文化人類学者。人々がインターネットで織り成す「文化」について研究している。著書に『インターネット文化人類学』がある。TwitterIDは@sebuyama

いま話題の記事