たまご焼きにつける調味料といえば、大豆で作った日本の「醤油」をイメージするのではないだろうか。

 しかし魚から作った醤油、タイの調味料「ナンプラー(ナムプラー)」を使うことで、たまご焼きのおいしさが一変するのだとか。

 タイ料理店「ティーヌン」で作られているたまご焼きレシピが、トゥギャッターにまとめられている。

 作り方は普通のたまご焼きとほぼ同じ。ボウルに卵、豚ひき肉、ねぎ、ナンプラーなどの材料を入れて混ぜ合わせ、フライパンで焼くだけ。

 皿に盛ったあと、チリソースをかけて、パクチーを添えると完成だ。

 ちなみに、肉と卵がしっかり混ざったあとに調味料を入れること、揚げるように焼きあげることが、香ばしくかつおいしく作るコツだとか。

 ビールにぴったりだと評判のタイ風たまご焼き、みなさんも試してみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事