Twitterで上の画像つきツイートが拡散されている。

「英語は」というタイトルから、さまざまな方向へ向かう本の数々。

 たしかにこれでは、どれを信じていいのかわからないかもしれない…。

 似たようなタイトルだけれど、まったく違うことをいっている書籍はほかにもありそうだ。

 あなたも見つけたら、ツイートしてみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!