先日、Twitter上に投稿された上記画像。

 みなさんは、このつぶやきが指す「超大型巨人(『進撃の巨人』に登場する最大の巨人)」を、すぐに見つけ出すことができただろうか?

 正解は、画像中央。左方に高くそびえるサンシャイン60はもちろんのこと、その周囲に建つ多数のビルにも余裕で負けてしまうほどの低さで、目立たないのも納得だ!

 この検証画像によると、推定身長60メートルの超大型巨人に対し、サンシャイン60は、地上約240メートル。なんと超大型巨人の約4倍もある。

『進撃の巨人』劇中では、恐怖と絶望の象徴だったが…。こうして見ると、あまり恐怖心を煽られない…。

 これを受けて、Twitterユーザーの大半は上記のような反応をみせた。現代日本の発展を改めて感じる結果だ。

 …とはいえ、当然ながら人類はこれよりはるかに小さい。実際に現れたら、きっと駆逐されてしまうということをお忘れなく…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事