愛知県豊橋市の路面電車に、衝撃が走った。それは5月17日より運行を開始したブラックサンダー車両によるものだ。

 ブラックサンダーのパッケージデザインそのままに車両をラッピング。車体上部には「豊橋にはコレがある!」とのキャッチが書かれている。

 これはブラックサンダーが豊橋市の工場で製造されていることに由来しているらしいが、衝撃は車両だけでは終わらない。

 発車式では、ブラックサンダーが一日駅長として登場。その驚きの姿に騒然となった。

 巨大なブラックサンダーが台の上に載せられている。この姿を目にした人の中には、次のような反応も。

 同市に訪れることがあれば、ぜひブラックサンダー車両に乗ってみてはいかがだろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事