こんにちは、セブ山です。

先日、僕のタイムラインにこんなツイートが流れてきました。

スクール水着といえば、学校のプールの授業で使用される水着の俗称。

全校生徒が、同じ色、同じ形のスクール水着で統一されるのが当たり前だと思っていました。

しかし、時代の流れを受けて、スクール水着の自由化が進み、生徒自身が水着を自由に選べる学校が増えてきているのだとか。

その一方で、色が紺色などに制限されている場合もあることから、「既存の学校用水着や学校指定の色で、レジャー水着のようなかわいい水着を」というコンセプトで企画されたのが、新しいスクール水着こと「ダブルフレアスカートワンピース」だそうです。

 

tg_20130820_17_01

非常に気になるニュースだったので、教員免許を取得するほど、教育についての関心が高い僕も、さっそく「新しいスクール水着」とやらを取り寄せてみました。

しかし、残念ながら、素人目にはどこにどんな特徴があるのかわかりません…。

いったい、新しいスクール水着はどこがどう新しいのでしょうか…?

 

 

……

 

 

tg_20130820_17_02

セブ山「お~~~い!」

 

tg_20130820_17_03

セブ山「こっち! こっち~!」

 

tg_20130820_17_04

セブ山「わかんなかったから、実際に着てみたよ~!

 

tg_20130820_17_05

セブ山「実際に着てみてわかったんだけどさぁ! 胸回りは普通の水着よりも胸元が隠せるボートネックを採用しているから、思春期の女の子も安心なんだよね! さらに、生地には伸びのいいツーウェイ素材を使用しているから、締めつけられるような苦しさがない!

 

tg_20130820_17_06

セブ山「そーれ! そーれ! あははは! それにさぁ! 動くたびに軽やかに揺れるダブルフレアーのスカートは、無地でもったりしがちなスクール水着のアクセントになるよ! まさに、キャッチコピーの通り“個性を引き出す学校水着”だね!」

 

tg_20130820_17_07

セブ山「さらに、袖口のフレアーはデザイン面での可かわいさだけでなく、二の腕をカバーできるという機能性も兼ね揃えているぞ! これは、腕のプニプニが気になる年頃の女子にはうれしいね!」

 

tg_20130820_17_08

セブ山「一番、気になるお腹やお尻もフレアースカートがばっちりカバー! なるべく肌を露出したくないというお悩みもこれで解決だね! ほら! このスカートだよ! 見て! よく見て! ほら! このスカート! ほらほら! ほーら!」

 

tg_20130820_17_09

(ピラッ)

 

tg_20130820_17_10

セブ山「こらっ! どこ見てんのよ! エッチ!」

というわけで、新しいスクール水着はとても機能的で、デザイン性も高い、優れた水着でした!

 

tg_20130820_17_11

セブ山「あなたもこの夏、プールの授業で着てみてはいかがでしょうか?」

 

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
セブ山

インターネット文化人類学者。人々がインターネットで織り成す「文化」について研究している。著書に『インターネット文化人類学』がある。TwitterIDは@sebuyama

いま話題の記事