コルク抜きが無かったときの理系の対処法がTwitter上で話題になっている。

 コルク抜きが無かったので、手持ちの電動ドリルドライバーでねじを刺し、プライヤでコルクを引き抜いたようだ。

 このツイートにさまざまな反応が集まった。

 工具は持っているのに、コルク抜きを持っていないのはおかしいと思う人。

 こんなことになるのは理系の中でも機械系限定なのではないか、と指摘する人。

 自分の過去を振り返る人まで現れた。

 工具で代用するのは案外難しいようなので、飲み会の時はコルク抜きを用意したほうがいいかもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!