既婚男性の元に見知らぬ女性からの荷物が届いたら、妻としてはつい怪しんでしまうものだが、その差出人がこんな名前だった場合はどうなるだろう?

 夫が妻に浮気を疑われ「そんな暇があったらラズパイ(5,000円ほどで買える小さなコンピューター)をいじっている」と答えたところ、妻が「じゃあ秋月電子って誰よ?」と言いながら宅急便の箱を見せてきたという。

 もちろん秋月電子とは「あきつきでんこ」という女性ではなく「秋月電子通商」という、電子部品などの開発や販売を手掛ける企業である。

 これに対して、自分は昔「亜土電子ちゃん」と付き合っていたとカミングアウトする男性も現れた。

 ちなみに秋月電子の看板はこちら。そう言われてみると女性の名前にしか見えなくなるのが不思議だ。

 それにしても、何気ない買い物でこんな勘違いをしてくれるなんて反対に愛のある証拠では?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事