「一生使いまわせる年賀状ができた」とTwitter上で広く拡散されている。

 右の記入例によると、まず十二支(動物の絵)を選ぶ。西暦を塗りつぶし、あけまして「①おめでとう」「②おめでたくない」を選択。最後に定型文を選んで記入する。

 例では、定型文a、c、gが記入されているので「よろしくお願いします。また遊ぼう、充実した一年にしよう」となる。選択していくだけで、完成するというわけだ。

 「新発想」「販売してほしい」といった声が寄せられている。年賀状に頭を悩ませる人は、ぜひ使ってみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!