001_IMG_3267_R

背景に合わせてこんばんは、ひにしです。本日は、とある達人との待ち合わせで渋谷に来ています。

ところで、この「トゥギャッチ」はTwitterの旬な話題をお届けしているメディアなわけで、その読者であるみなさんなら、1度はあるのではないでしょうか?

「この鍵アカを覗き見してええええ!」

と思ったことが…!

 

ちなみに、鍵アカとは非公開Twitterアカウントのこと。フォロワーしかツイートを閲覧できないアカウントをこう呼びます。

今日は、合コンなどで知り合った男のTwitterアカウントの特定や、鍵アカを約8割の確率で開けさせてきた「鍵アカ解除の達人女子」がどんなテクニックを使っているのかを惜しみなく披露してくれるとのことなので、パリピの巣窟・渋谷までのこのこやってきたというわけです。

 

鍵アカ解除の達人はこんな女子!

002_IMG_3257_R

こじあけさん(24歳)

都内在住の会社員。合コンなどで知り合った男性に“興味あります感”を出さずに、相手好みの女性像を作り上げるべく、アカウント特定や鍵アカウントこじ開けの技術をただひたすら磨き続けている。本人曰く、鍵アカが開いた瞬間の快感は尋常でなく、それ自体が趣味になりつつあるのが最近の悩み。

 

プロの犯行その1:Twitterアカウントを特定する

そもそも意中の相手のTwitterを見たいなら、合コンの場とかで「教えてー」って交換しちゃえばいいんじゃないかと思うんだけれども…?

 

003_IMG_3171_R

いやいや。気になる相手に最初から“興味あります感”は出したくないじゃないですか。相手に悟られずにTwitterアカウントを特定できれば、彼女の有無もわかるし、音楽や異性のファッションとか彼の好みを知ることができます。

つぶやきの内容はもちろんのこと、フォローしているアカウントからも。本人に聞かずに好みが把握できれば、相手に悟られることなく自然と相手に合わせていくことができますよね。それが狙いです。

なるほど。ちなみにフォローしているアカウントから相手の好みを特定した事例ってある?

そうですねぇ。「女子アナbot」とかフォローしていたとしたら、恐らく「ワンピース×カーディガン×ハーフアップのヘアスタイル」みたいな外見が好きなんだろうなという予想ができますよね。なので、2回目に会う機会にはそういう格好を意識しますね。

すごい…まさに情報戦だ。狙った相手のアカウントを特定する鉄板の方法ってあるの?

Twitter検索で本名を検索する…まずはここからですね。ポイントはユーザー検索ではなく、つぶやき内容からの検索を使うことです。

え、どうして?

これ高確率で当たるので、ぜひ試してみてほしいんですけど、狙っている彼のいわゆる“DQNなお友だち”が、フルネームを含んだツイートをしていることって意外とあるんですよ。「山田太郎、まじでおもしろすぎwwwww」みたいな。

運よくそういう人が見つけられれば、あとはそのアカウントのフォロワーなどを調査していって、ターゲットのアカウントが見つかることが多いです。

その「これかな?」みたいな、見つけたアカウントが狙った本人だと確信するまでにはどんな方法を使うの?

鍵が開いているのであれば、まず見るのが「いいねのリスト」です。実際に会ったときの話題や、もしFacebookではすでに繋がっているなら、そういった事前に知っている情報と照らし合わせていくイメージです。

あとは、アカウントの特定にはメールアドレスの@以前で検索するとか、mixiとかLINEでつながっているなら、その登録名で検索をかけてみるのも、結構アカウント発見につながると思います。

あぁー! 確かに同じID使ってること多いわ。

 

プロの犯行その2:Twitterの鍵アカを開ける

ここからがまさに本題なのだけど、実際にどうやって鍵アカを開けさせるのかを詳しく教えてほしい。

基本的には「その彼が鍵を開けそうなアカウントを育てる」ことに尽きます。私はこれまでTwitterの鍵を開けさせるために、30個くらいのアカウントを作ってきたんですが、いくつかパターンがあるんです。

 

004_IMG_3178_R

こちらが育てたアカウントの一部。

 

【育成パターンその1:架空の同級生アカウント】

大学生時代に比較的よく使っていた技として、「ターゲットと同じ大学で同じ学部の架空の人物アカウント」を作りました。

程よい距離感の設定だね。

誰かは特定できないレベルだけど、その学部の人でしか知りえないような共通の話題を仕入れてつぶやいておいて、その学部の中で積極的にTwitterをやっている子たちと先に相互フォローを積み重ねておきます。

それで、ある程度アカウントが育ったところで、ターゲットにフォローリクエストを送ります。実際にこの手口を使ったら秒で鍵が開きました。まあ、これは初級編ですね。

秒で開くとかすごいな。

 

【育成パターンその2:○○大好きアカウント】

005_IMG_3228_R

ターゲットが好きなアイドルだったりキャラクターだったりの情報がわかれば、そっち方面で攻めるのも効果的です。

たとえば「ラブライブ大好き!」みたいな名前のアカウントを作る感じですね。その場合、つぶやき内容はもちろんのこと、同じクラスタからのフォロワー稼ぎをある程度しておかないと不審に思われるので、しっかりとケアをします。

方法としては大きく分けて以下の2つとのこと。

 

●稼働している同じクラスタのアカウントに自分からフォローしてフォロバを狙う

『ラブライブ!』好きを落とすのであれば、アカウント名に「lovelive」を含むユーザーを探して、最新のつぶやき日時からちゃんと稼働しているかをチェックしてフォローしていく。

ただし、あまり一気にフォローするとアカウントが凍結されるので、こじあけさんはフォロー数2に対してフォロワー数1くらいの割合になるように気を付けているとのこと。

 

●「○○を好きな人全員フォロバ」といったハッシュタグを活用

こういうタグを一度は見たことがあるはず。狙うクラスタによって効果的なタグを探して、それを含むツイートをしたりRT(リツイート)したり、自分からフォローをしてフォローバック(フォロー返し)を獲得していく。

こじあけさんによれば、今のところどれだけRTが多くてもBANされる(アカウントが停止される)ようなことはないので、特定のクラスタのフォローを集めるなら、この方法が効率的だそう。

試しに、今育てているアカウントで、最近見つけた学生時代の後輩でアカウントの鍵を開けられるか試してみましょうか。確かあの子はハロプロが好きだったので、「ハロプロ大好きアカウント」を使います。

うおー! すげーー! この現場で鍵が開くかもってこと!?

 

006_IMG_3227_R

さっそくある程度育ったアカウントから後輩の鍵アカへ申請。

 

~10分後~

 

007_IMG_3260_R

あ、後輩からフォロバありましたね。鍵、開きました。

マジか。速すぎだろ。

この後輩はフォロワーも多くて、結構オタクでツイートの頻度も高いのに、ITリテラシーが低めなんです。こういうタイプは鍵開けの難易度としてはマジでちょろいです。

 

【育成パターンその3:○○botアカウント】

これは結構手間がかかるんですが、ターゲットの興味がある内容でちゃんと作り込んだアカウントです。たとえば、役に立ちそうなbot風のアカウント。

以前、私のターゲットが特定の友だちとりプライを飛ばし合うためだけにTwitterを使っていることが事前調査でわかって、(1)や(2)のパターンでは攻略が難しかったことから編み出しました。

具体的にはどんなbotを作ったの?

「男の料理bot」というアカウントを作りました。ターゲットが料理好きなのは知っていたので。まずは、こんな感じの「男」感のあるアイコンを作りました。

 

otoko02

そして、クックパッドで炒飯とか豚キムチとか、男の料理っぽいレシピを見つけては定期的につぶやいて、アカウントを育てました。フォロワー集めはさっきと同じやり方ですね。

おしゃれな感じではなく、無骨さが重要だと思ったので、わざと画素を落として荒い感じのアイコンにするとか、細かいところまで気を配りました。

わざわざ画素を下げる! すごいところまで、こだわっているなぁ…。もはや仕事レベルだよね。

 

【育成パターンその4:○○中学あるあるアカウント】

009_IMG_3204_R

これは地元の同窓会で再会した同級生の男の子の鍵アカをどう攻めようかと考えた結果、見事成功したアカウントです。私自身がその同級生と同じ中学に通っているので、ネタはたくさんありますし、「出身校のあるあるアカウント」って絶対気になるじゃないですか。

確かに! これ、自分の場合でもフォロバしてしまいそう…。懐かしみとかの気持ちも大きいし、地元の同級生がフォロワーにいたら確実にフォローしちゃうわ。うまいなぁ!

これは校章をアイコンに設定しました。ほかの同級生たちのアカウントからフォロバを増やして、ある程度育ってからターゲットに申請したら、やっぱりすぐに食いついてきて、鍵開けに成功しましたね。

同窓会で再会した相手には、「出身学校のあるあるアカウント」はすっごく使えるな。マジですごいテクニック!

 

達人の苦悩と野望

いろんなパターンのアカウントを作って、こじあけさんが鍵をこじ開けてきたのはわかったんだけど、その結果、ターゲットとの関係はいい感じに発展できているの?

 

011_IMG_3252_R

それが…初回でいいなと思って、次に会うまでに鍵をこじ開けて、彼好みに自分を作り上げても、それ以降は情報戦だけでは厳しくなってくるんですよね。

なんだか最近は、恋して努力して、彼に寄せていくことが好きで、もはや付き合うところまで持っていくことが目的じゃなくなってて…。

え?

ターゲットの鍵が開いて、2回目に会ったときにいい感じの反応が得られたら、それだけで満足してしまうというか…。「ミッション完了!」みたいな気分になっちゃうんですよね。というわけで、ずいぶん長い間彼氏がいません(笑)。

もはや何のためにTwitterの鍵をこじ開けているのか…。ちなみに、これまで付き合った男性もすごくTwitterをやっている人だったの?

それが…。矛盾するようなんですけど、これまで付き合った男性の多くがアカウントは持っていても、卵アイコンのままとか、ツイートしても月に1、2回みたいな、ほぼ使ってないような人ばかりでした。よくあるじゃないですか、レ○バンのスパムとか。

はいはい。

レ○バンのスパムに引っかかるくらいの男が逆に愛しい感じですね。

 

012_IMG_3212_R

鍵アカ開けの達人になった意味!!!!

でも、この鍵アカこじ開け技術を生かして、ネット専門の興信所みたいな、身辺調査の仕事とかできたらおもしろそうだなぁと、密かに野望を抱いています!

あぁ、もうあれだ。この人完全に目的すり替わっちゃってるわ。

 

▼プロのTwitter鍵開けテクニックまとめ

matome

 

013_IMG_3265_R

というわけで、達人とすっかり仲良くなったので、この後はこれまで開けた数多のTwitterアカウントの話を延々と聞きながら渋谷の街へ繰り出しました。

こじあけさん、貴重なテクニックのご披露ありがとうございました!

 

【編集部注】
今回ご紹介したのは、あくまで意中の方との距離を縮めるためのテクニックです。
くれぐれも相手の迷惑になるような使い方は避けてください。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
ひにしあい

好きな本は路線図、好きな音楽はビジュアル系。特技はカラオケ芸。嫌いなものは犬好きを装う女。スクールカーストは常に2軍。女ならではのあるあるを試し続ける人。

個人サイト「ひにログ」。TwitterIDは@sunwest1

いま話題の記事