老若男女に人気があるインドカレー。専門店で出される「ナン」を楽しみにしている人も多いのではないだろうか。しかし、インド料理として食べるパンは、ナンだけではないのはご存じだろうか。

 現在Twitter上では、そんなインドのパンに関する解説画像が注目されている。

 投稿されたのは「インドパン簡易見取り図」。インドのパンの違いが、ひと目でわかるように分類している。

 まず大きく分けると、材料が全粒粉、もしくは小麦粉のものがあるようだ。

 全粒粉の生地を、伸ばして焼くと「チャパティ」、油を塗って丸めると「ラチャパラタ」、揚げると「プーリー」になる。一方、小麦粉の生地を、発酵させると「ナン」、発酵させ丸めると「ケララパラタ」に、発酵させ揚げると「バトゥーラー」になるようだ。

 Twitterユーザーからは、「わかりやすい」「インドライフがはかどる」などの声が上がっている。また、インドでは、チャパティが主流であるという情報も寄せられた。

 インドカレー店でナン以外のパンを見つけたら、ぜひ味わってみてはいかが?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事