ペットと長く一緒に暮らしていると、いろんな変化がある。小さい頃もかわいいが、成長して大きくなったペットにもまた違った魅力があるものだ。

 現在Twitter上では、年老いた犬のかわいいところをまとめたイラストが話題になっている。

 こちらのイラストは、がくこさん(@vloc_ol)が、老犬になってかわいくなったと感じたポイントをまとめもの。2月に14歳で亡くなったゴローくんをモデルにして描かれたようだ。

 かわいさポイントとして、「顔つきがマイルドになる」「滑り落ちながら眠る」「お風呂に大人しく入るようになる」「シッポセンサーの発動」「自由に探検したがった結果、変なところに挟まってしまう」といった点を挙げている。さらに、「長い間一緒にいると、どんな姿も愛おしく見える」とも。

 これに対し、愛するペットと年を重ねた経験を持つTwitterユーザーから、共感の声が多数寄せられている。「自分が以前飼っていた犬もまるで同じだった」と思い出す人や「これから年を取るとこうなるのかな」と愛犬の未来の姿を想像する人も。

 また、「うちはねこだけど、若い頃と違ったよさがある。鈍くなったのか肝が座ったのか多少のことにはまったく動じない」と、高齢なねこの魅力についての意見も上がっている。家族の一員として長年寄り添い、温かく見守られているペットたちはきっと幸せだろう。

 ちなみに、ハッシュタグ「#秘密結社老犬倶楽部」では、老犬と穏やかに暮らす飼い主たちの日常が垣間見える。ワンちゃんと暮らしている方は、チェックしてみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!