体調を崩しやすい冬。年末年始のお休み前に病院に駆け込んだ人もいるかもしれない。そんな病院や薬局で処方された薬を入れる「薬袋」。誰しも目にしたことがあるその袋をめぐる珍事がTwitter上で話題となっている。

 投稿者がもらった薬袋の宛名欄を見ると、そこには「下痢止め殿」の文字が…。どうやら、誤って処方された薬の種類を書かれてしまったようだ。

 これを見たTwitterユーザーたちは爆笑の渦に巻き込まれている。キラキラネームにかけて「ブリブリネームですね」といった声や「師走で薬剤師さんも疲れていたのかも」と同情しつつもあまりの間違いに笑わずにはいられない様子。

 感染性胃腸炎で下痢止めが処方された投稿者だが、実はノロウイルスにかかっていたとのこと。“下痢止め殿”の出番はなくなってしまったが、ゆっくり休んで快復していただきたい。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事