駅でよく見かけるポスター広告。キャッチコピーや写真が気になり、思わず足を止めたことはないだろうか。

 現在Twitter上では、誤解を招きかねない、ある広告が話題となっている。

 こちらは、医学部専門予備校の広告。左下のキャッチコピー見ると「医学部に行くな」と書かれているように見える。

 しかし、よく見てみると、白い文字が服の白い部分に重なっており、本来のコピーである「医学部に行くなら。」の「ら」の文字が見えにくくなっているのだ。

 これに対し、Twitter上では「しばらく気づかなかった」「何の警鐘なのか」といった反応のほか、「計算通りなら有能」「人間の心理を利用した計算されつくされた広告」といった意見も。

 ミスなのか、それとも計算か。真相は謎だが、あなたはどう感じただろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事