好みのキャラクターや風景の画像を設定できるPCの壁紙。

 基本的には静止画しか選べないが、現在Twitter上では、こんな壁紙が反響を呼んでいるようだ。

 その壁紙とは、狭い部屋のなかで、初音ミクが動いているというもの。ソフトのショートカットが並んでいるため、スクリーンセーバーではなく、通常のデスクトップ画面のようだ。

 こちらは、動画を壁紙にできるソフト「Wallpaper Engine」を利用して実現したという。投稿者も言うように、壁紙が動くだけで未来の技術のように感じる。

 これに対して、実際に導入しているTwitterユーザーから反応があったほか、以前Windowsで「DreamScene」と呼ばれる動画壁紙機能が搭載されていたという報告も寄せられた。

 ソフトは、PCゲーム配信サービス「Steam」で、398円(2017年1月8日現在)で販売されている。

 壁紙にお気に入りの動画を設定すれば、作業が行き詰まった際などに、気合いを入れ直すことができるかもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!