老若男女に愛されている将棋。最近では、将棋を題材にしたマンガ『3月のライオン』がテレビアニメ化され、実写映画の公開も控えており、若い人にも注目されつつある。

 そんななかTwitter上では、将棋のルールを覚えたての子どもの王手が話題になっている。

 将棋盤の上を前方に何マスでも進める「香車」を横向きにし、王将に向かうように置いている。

 たしかにこれが認められれば王手となり、勝利につながる。なんとも子どもらしい、ユニークな発想だ。

 この斬新な手に対してTwitterユーザーからは、「こうした型にはまらない発想から新しいボードゲームが生まれる」「文字通りの横槍を実践して、将来は大将軍になれる器」「プロ棋士をも負かしたコンピューター将棋のポナンザにも勝てる」など、賞賛の嵐。

 こうした柔軟な発想は、大人にはなかなかできないもの。ルールは正しく覚えるべきかもしれないが、このような頭の使い方は大切にしたいものだ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!