イラストを描く際、色を塗るのが苦手な人は少なくないだろう。全体のバランスや細かい配色に悩んで、多くの時間を費やしてしまうことも。

 そんななかTwitter上では、線画に自動で着色することができるという、驚くべきツールが反響を呼んでいる。

 メカニックエンジニアのたいやまさん(@tai2an)が公開したのは、「PaintsChainer」というツールのデモ版。

 ディープランニング(深層学習)のフレームワーク「Chainer」を活用したもので、線画のファイルをアップすると、自動で着色してくれる夢のようなツールだ。

 Twitter上では、実際に試してみる人が続出。いずれもなかなかの精度で、違和感があまりないことがすごい!

 ほかのTwitterユーザーからは、「色塗り下手な自分にはよい」「すごいを通り越してちょっと怖い」といった反応が寄せられている。

 今までは絵空事だと思われていた自動着色が、ディープラーニングなどの技術で実現している。自分の頭のなかで思い描いたものが、そのまま絵にできる日もそう遠くはないかも!?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!