日々、さまざまな意見が発信されているTwitter。楽しいやり取りが行われる一方、罵倒や嫌がらせを受け、自由な発言がしにくくなるケースも存在する。

 このような事態の解決に向けて、Twitter公式アカウントから3つの変更点がアナウンスされた。

 今回変更するのは、「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチ」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートへの対処」の3点。

 「嫌がらせアカウント作成の抑止」は、アカウントを永久的に停止されたTwitterユーザーが、新しいアカウントの作成を阻止するため、識別ができるようするというもの。これにより、罵倒や嫌がらせを目的としたアカウントの新規作成の減少が期待できる。

 2点目の「セーフサーチ」は、センシティブな内容や自分がブロックしているアカウントのツイートを検索結果から外す機能。結果上の表示はなくなるが、該当のツイートを探したい場合、確認することも可能となるようだ。

 そして、「嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処」は、嫌がらせと見られるツイートや質の低い返信ツイートを判別し、表示を抑えるというもの。そのようなツイートも、見たい場合は確認できるようだ。また一方で、関連度の高い会話が目に入るように表示させる機能も着手する予定。

 嫌がらせがどのくらい減るかはわからないが、困っていたユーザーにとっては、助かる変更ではないだろうか。これからもTwitterユーザーが、気持ちよく楽しめるように願うばかりだ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!