Twitterを中心に爆発的な人気を誇るテレビアニメ『けものフレンズ』。退廃的な世界観と野生動物の萌えキャラ化が特徴的な作品で、何にでも「すごーい!」と驚くサーバルキャットのサーバルちゃんと人間(?)のかばんちゃんが、図書館を目指す物語だ。

 Twitter上では、Webサイト「ウィキペディア」を作中に登場する「ジャパリ図書館」にしてしまうプログラムが反響を呼んでいる。

 みやおかさん(@miyaoka)が作成したのは、「ジャパリペディア」というGoogle Chromeの拡張機能。これをインストールした上で、ウィキペディアにアクセスすると、ジャパリ図書館仕様になるというもの。

 たとえば、サーバルのページの本文の途中で「たーのしー!」「わーい!」「そんなことないよー!」など、キャラクターのセリフがランダムに入り、思わず「すごーい!」と言いたくなりそうだ。

 これに対して、Twitter上のフレンズたちも「すごーい!」と、いつも通りの反応を見せている。

 とにかく『けものフレンズ』が好きな人は、インストールしてみよう。ウィキペディアを見るときに、「すごーい!」「たーのしー!」となるはずだ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!