地上デジタルテレビやFMラジオなどに向けた電波塔として、2012年に建設された東京スカイツリー。ふもとに構える商業施設「東京ソラマチ」とともに、地域を代表するシンボルとしてそびえ立っている。

 現在Twitter上では、そんなスカイツリーの意外な一面が話題のようだ。

 先日撮影された、霧がかかったスカイツリー。紫色の照明に怪しく照らされている様子は「悪魔がすんでいる」と言われてもおかしくない雰囲気である。

 これに対して、「今まで生還者がいないと言われている闇の塔」「最上階で聖飢魔Ⅱのメンバーが待ち構えていそう」「頂上にレアモンスターがいる」など妄想を膨らませるTwitterユーザーが現れた。たしかにRPGのラストダンジョンとして出てきそう。

 悪天候により、ダークな表情を見せた東京スカイツリー。あのダンジョンに挑むためには、どんな装備を整えていけばよいのだろう…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!