食品を口にするときに、賞味期限や消費期限を気にする人は多いだろう。冷蔵庫に放置したままうっかり切らしてしまい、もったいない思いをした経験は、誰しもあるはずだ。

 そんななかTwitter上では、あるものに定められた消費期限が注目されている。

 マンガ家の六多いくみさん(@rottaik)が紹介しているのは、コスメの使用期限。

 たとえば、アイシャドウは1年、ファンデーションやリップ類は6カ月、マスカラは3カ月が使用期限の目安だという。あまりに古いものは、雑菌が繁殖してしまい、肌荒れの原因になるそうだ。

 六多さんはオススメの管理方法として、コスメの容器に使用開始時期を記入することを紹介している。これなら使用期限を過ぎていないか簡単に見分けることができるだろう。

 Twitterユーザーからは、「うちにあるやつ、全部アウト」「そんな早く使い切れない」と、困惑する声が上がっている。そのほか、短い期間でも使い切れる少量タイプの販売を希望する意見も寄せられた。

 意外と短い印象があるコスメの使用期限。肌のトラブルを避けるためにも、注意したいものだ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!