赤ちゃんが真夜中に突然泣き続ける“夜泣き”。子育てをしている人の多くが、悩まされていることだろう。

 そんななかTwitter上では、夜泣きにまつわるマンガが共感を集めている。

 絵日記ブログ「いっぱいかあさん」を運営しているかねもとさん(@kanemotonomukuu)が妄想する「夜泣き小屋」。それは、子どもの夜泣きが辛いと感じたときに親たちが集まる場所とのこと。

 夜泣きで辛いのは眠れないことのほか、「言葉の通じない相手と2人きりなこと」「今起きているのは自分だけという気持ちになってしまうこと」という思いから、このような場所があればと。このマンガを描いたようだ。

 育児経験があるTwitterユーザーからは「こんな場所が欲しかった」「世のパパたちに見てほしい」「私にとっての夜泣き小屋はTwitterだった」といった声が寄せられている。

 また、近くのお寺が朝早くから活動していることから「起きてるのは自分だけじゃないと思えた」と、当時のエピソードを披露するユーザーも。

 辛い時期に同じ経験をしている人と支え合えるのは、助けになるだろう。現在、夜泣きで悩んでいる方がいるなら「今もどこかで誰かが起きている」と思うと、少し楽になるのではないだろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事