ファンタジー作品のなかで、魔法を使ったり悪魔を召喚したりするときに描かれる「魔法陣」。ミステリアスな雰囲気にひかれて、オリジナルの魔法陣を描いてみた人も少なくないだろう。

 現在Twitter上では、そんな魔法陣にちなんだグッズが注目されている。

 創作物のノウハウ共有サイト「黒の錬金術学会」を運営する倉戸みとさん(@mitragyna)が作成した「魔法陣ブックマーカー」。本に挟んでいるだけで、魔導書を読んでいる気分になれる画期的なしおりだ。

 なお、プリント料金さえ払えば、セブンイレブンのネットプリントで誰でも印刷できるという。

 倉戸さんはさらに、「護符ブックマーカー」も作成。こちらは秘伝書のお供として勧められている。

 Twitterユーザーからは、さっそく印刷した人が現れたほか、「1,000円くらい出してもいい」「お布施システムが欲しい」と、あまりの完成度に対価を支払いたいという声も上がっている。

 ファンタジー好きにはたまらないだろう、これらのユニークなしおり。印刷期間は4月9日までなので、興味を持った人はお早めに。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事