4月に入り、すっかり暖かくなった今日この頃。桜も見頃を迎え、絶好の花見日和が続いている。

 花見と言えば、桜そのものよりも食事を楽しみにしている人も多いだろう。しかしながら、皿や箸などを用意するのは、意外と面倒…。そんなとき、現地調達できれば便利ではないだろうか。

 花見の席にフォークを忘れてしまったという投稿者。通常であれば、近くのコンビ二などに買いに行くところを、なんと3Dプリンターで自作してしまったそうだ。

 なぜ花見に3Dプリンターを持って行ったのか疑問はあるが、その場ですぐ用意できることは素晴らしい。

 その後のツイートでは、自作のフォークで、芋ようかんやパスタを食べたことを報告。問題なく使えているようだ。

 さらには、シャボン玉を吹く道具も作成。その場でできあがったものがすぐ使えるなんて、夢のような体験だろう。

 Twitterユーザーからは、「ドラえもんいらず」と称賛する声や「桜も出力しちゃえば」とジョークを言う人も。

 なお、投稿者のブログによれば、3Dプリンターは単体では動かせないので、ノートPCとバッテリーと一緒に背負って運んだとのこと。大変…。

 数年前までは考えられなかった光景だが、このまま技術が進んでいけば、より便利になっていくことだろう。何でもその場で作成することが、普通になる日も来るかもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!