飲み物やタバコなどを24時間購入できる自動販売機。このほかにも、秋葉原名物となった「おでん缶」や高速道路のサービスエリアで見かける機会が多い唐揚げやフライドポテトなど、一風変わった商品を取り扱った自販機を見たことがあるのでは?

 現在Twitter上では、こんな珍しいものが購入できる自販機が注目されている。

 こちらで売られているのは、なんと折り紙。「紙ヒコーキ」や「シュリケン」など、すでに完成している折り紙作品が、10円~50円で販売されているという。

 設置場所は、愛媛県内子町にある日用雑貨店「岡野商店」の店頭。無人販売にも関わらず、人の温かみが感じられる自販機ではないだろうか。

 Twitterユーザーからは「素敵な自販機で和む」「1度見てみたい」などの声のほか、作品のクオリティーの高さから「自販機で売るのがもったいない」といった声が寄せられた。

 ちなみに、1段目に並ぶのは季節にちなんだ作品で、時期によって入れ替わるそう。近くに立ち寄った際は、どんな折り紙が売られているのか見てみてはいかがだろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!