【PR】

 

こんにちは。ネット等でいろいろやっている、ライターのヨシダプロと申します。

 

今日の天気は、さわやかな五月晴れ。これ以上ないお出かけ日和だ。

こんな日は、部屋にこもって『週刊少年ジャンプ』を読むに限る。かれこれ30年以上愛読しているジャンプファンの僕。おかげで僕の部屋は、デフォルトでこんな感じ。

 

ジャンプが過ぎる。Not only ジャンプ but also ジャンプ。ジャンプが好き過ぎるがゆえの有様である。

 

そんな部屋で、「あ~あ、ジャンプの編集長にでもなりたいなぁ~」と、昼下がりのニート感MAXの夢をつぶやいていたその時…

 

あ、なれるようである。

 

実は、集英社が配信するアプリ「Myジャンプ」では、自分が編集長となり、お気に入りのジャンプ作品を選んで「週刊Myジャンプ」を作れてしまうのである!! あらやだ。すごいことだわね。

時代を超えた約450タイトルの中から作品を選べるので、新旧ジャンプを織り交ぜて楽しめるのだ。最近ジャンプを読み始めた若い読者は、昔のジャンプ作品を知れるってことだ! 反対に、昔ジャンプファンだった大人は、あの頃のハマった作品を振り返るのはもちろん、最近の作品にも出合えるってこと! 僕のように、とっくに大人で30年間読み続けているような人の場合は、残念ながらこの感動の対象外!

選んだ作品は基本的に第1話から毎週1話ずつ配信される。つまり…

 

『NARUTO -ナルト-』(岸本斉史)を選んだとしたら、700週間で読めるというわけだね。700週間、つまり約14年もの連載…岸本先生、本当にお疲れさまでした!

 

ちなみに、みなさんお気づきかもしれないが、このアプリのマスコットキャラクター「マイちゃん」を手がけているのは、あの鳥山明先生である。

 

さぁ、どんどん「Myジャンプ」の素晴らしさを解説していこう! 自分の「Myジャンプ」に加えたい作品は、作品名や作家名、掲載雑誌、連載開始年などから検索できる。

 

ちょっとうれしい機能が、「あの頃検索」! 自分が何年生の頃に連載していたやつっていう、きわめて大雑把な記憶から、作品が探せてしまうのであるッ!

「そうそう、あの頃これ読んでたわ~」と、検索結果を見るだけでも当時の興奮や感動がよみがえる(がゆえに、「そういえば、あの頃あんなことあったわぁ…」と当時のトラウマまで思い出させてくれる)機能なのだ。

 

そしていざ選び終わると、ついに自分だけの「Myジャンプ」が完成するわけだが、なんと自分の選んだ作品ラインナップに応じて、表紙が自動生成されるのだ! いったいどんなテクノロジー!? すごすぎてぐうの音も出ない。

 

…と、これだけでもジャンプっ子としては興奮して鼻血ブウ(実際は鼻炎なので鼻水)なのだが、実は最近、そんな「Myジャンプ」が、リニューアルでさらにパワーアップしたらしい! とりわけ僕が気になる点を3つほど、みなさんにお届けしたいと思う。

 

リニューアルの見どころ その1:ジャンプ系雑誌が勢ぞろい!

なんと『週刊少年ジャンプ』のみならず、『ジャンプSQ.』『ウルトラジャンプ』『月刊少年ジャンプ』などの月刊誌の作品に加えて、『週刊ヤングジャンプ』の作品までも配信開始されたのである!

 

ん!? 「ウルジャン」もあるってことは、ジョジョはジョジョでも、『ジョジョリオン』(荒木飛呂彦)までも選べるってことにッ! ジョジョと同時に、あの珍妙な東方家を、つまりは“パラレルジョジョ”を同時に体感できるわけであるッ! そもそもこのパラレルワールドは、第6部でプッチの野郎が…って、おっとつい熱くなってしまったね。続きはまたの機会に。

 

ってことは、『月刊少年ジャンプ』の名作『わたるがぴゅん!』(なかいま強)も選べるのかしら!? まぁ、なかったら実家の現物を読むけれども。
※編集部注:『わたるがぴゅん!』は近日配信予定だそうです。

 

リニューアルの見どころ その2:定期購読が超おトク!

「Myジャンプ」の定期購読料金は、10コストプランが月額480円、20コストプランは月額840円。

 

我々ジャンプっ子にとって、ジャンプ代はもはや光熱費と同等。いわば、ジャンプはライフラインの一つなのだ。定期購読は当然であろう。

しかも、定期購読をすると、他のユーザーが作った「MyジャンプBEST」と交換できる「MJチケット」がGETできるのである!

 

リニューアルの見どころ その3:気になるキャンペーンがたくさん!

今後、アプリ内では続々とキャンペーンが開催される模様。

現在は、公式運営チームが選んだ「Myジャンプ」を配信中! 「水着ジャンプ」「ホラージャンプ」「魔法ジャンプ」など、さまざまな切り口の「Myジャンプ」が無料で楽しめる。

「水着ジャンプ」と言われると、普通はエロスを感じてしまうところだが、生粋のジャンプっ子である僕は、まず「こち亀」の特殊刑事課・海パン刑事が最初に浮かんでしまった(そして実際に海パン刑事の回が掲載されていた!)。

 

また、「Myジャンプ」で配信中の作品はすべて、第1話をまるまる無料で試し読みできる! もちろん、自分の好きなエピソードを選り抜いて作る「MyジャンプBEST」でも、第1話は無料だ。

 

ちなみに、「MyジャンプBEST」は、SNSでシェアすることもできる。この感動共有システムはすごいことだわね。周りにジャンプ友だちがいない(そもそも友だち自体がいない)僕的には、大変助かるのであった。

 

さらに、1日に1回楽しめる「スロットゲーム」も登場! 当たった作品を最大で1巻まるごと無料で読めたり、1話分先読みできる「先読みチケット」なども手に入ったりする。これは毎日欠かさずスロットしたくなるってもの! 周りよりも1話分先に読めちゃうなんて、禁じ手では!?

先読みといえば、子どもの頃は月曜の朝にジャンプを読んでから登校することで、「すでに今週のジャンプを読み終えている! 我は神なり!」と、スクールカーストの頂点に立つことができたことであろう。あのカタルシスが再び味わえるわけである!

 

以上のように、もともとすごいアプリにもかかわらず、すごいリニューアルでパワーアップした「Myジャンプ」。みなさんも大至急ダウンロードして、本誌だけでなくアプリも使いこなす“次世代ジャンプっ子”になってみていただけたらと思います。

『週刊少年ジャンプ』公式アプリ「Myジャンプ」はこちら

「Myジャンプ」公式サイトはこちら

 

(おしまい)

執筆:ヨシダプロ/企画・制作・編集:有限会社ノオト

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!