動物が寝ている姿には、ずっとそばでニコニコしながら見ていたくなるような愛らしさがある。

 現在Twitter上では食パンクッションの上で眠る、天使のような寝顔のねこが話題になっている。

 食パン型クッションの上で、あおむけになって気持ちよさそうに眠っているのは、マンチカンの鉄朗くん(1歳)。

 投稿者のコメント通り、確かにだんだんと食パンに吸収されつつあるようにも見える。ビフォーアフターを見比べると、耳はもう吸収されてしまったのだろうか?

 Twitterユーザーからは「早く引き上げないと」「おいしいパンに変身してしまう!」といった声が寄せられたほか、「ハムかチーズの布団があれば最高」と、よりおいしそうな“ねこトースト”のアイデアも寄せられた。

 ちなみに、この食パン型クッションはニトリで購入したものとのこと。どうやらモチモチクッションシリーズの食パン(1,990円)のようだ。

 過去にご紹介した、ファッションセンターしまむらの“ねこをダメにするラグ”並みの癒やしパワーを発揮している食パン型クッション。ねこの飼い主さんは購入を検討してみてはいかがだろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!