子どものお絵描きに欠かせないクレヨン。色鮮やかで温かみのあるイラストに仕上げたいときに大活躍の画材だ。

 現在Twitter上では、とあるユニークなクレヨンが話題となっている。

 それは、コクヨから発売されている「透明くれよん」。2013年に発売した同商品が、6月下旬にパッケージのリニューアルとともに、新たに6色(みかん・あおみどり・ぐんじょう・もも・こげちゃ・はい)を追加して発売となる。

 キュートな新パッケージのイラストを担当した投稿者のすがわらあい(@a_sugawara)さんによれば、既存の10色もさらに発色がよくなっているそう。クリアな発色なので、まるで透明水彩絵の具のように下絵が透けて見えるほか、描いた直後であれば色を重ねて混ぜることもできる。イラストの幅が広がりそうなアイテムだ。

 このツイートに対して、「欲しい」「色フェチにはたまらない」という声のほか、「おいしそう」「なめてみたい」と、なぜか食欲をそそられてしまったユーザーの反応も寄せられている。確かに、色鮮やかなキャンディみたい…?

 投稿者の補足によると、リニューアルした「透明くれよん」が店頭に並び始めるのは、発注開始日の6月14日の翌週頃からとのこと。また、コクヨのWebショップでも入手可能となるようだ。

 価格は、5色=900円、10色=1,800円、16色=2,800円(すべて税別)。以前、トゥギャッチでご紹介した「ミックス色鉛筆」とともに、イラストやメッセージカード作りに役立ちそうなアイテムなので、ぜひ手に取ってみてはいかがだろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事