強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」が兵庫県で見つかったのを皮切りに、名古屋や東京などでも発見され、連日注意が呼びかけられている。

 そんななかTwitter上では、ヒアリに関するとあるアカウントが話題となっている。

 こちらは、ユーザーから寄せられたアリの写真を元にヒアリの判別をしている、ヒアリ警察(@_Solenopsis)さんのアカウント。今月5日に開設されたばかりだが、フォロワー数はすでに4万2000人を超えている(7月12日現在)。

 アリの種の判別だけでなく、判別したアリの種類と数をグラフにまとめるなど、ヒアリに関する情報の発信も行っている。

 このように、発見したアリの写真を添付して「ヒアリですか?」と投げかけると、判別してくれるので、多くのTwitterユーザーから問い合わせが寄せられている。

 また、一部のユーザーからは、家具・インテリア用品量販店の「ニトリ」や元プロ野球選手の「森本稀哲(ひちょり)さん」など、ヒアリに語呂が似ている無関係な写真も送られてきて、大喜利状態に…。

 ヒアリ警察さんは「本当にヒアリの情報を知りたい人もいるので、ほどほどに」とコメントしている。また、ヒアリの専門家ではなく生態に詳しいわけではないため、判別の結果についても「あくまで見分けるだけ」とのこと。

 もし疑わしいアリを発見した場合は、ヒアリ警察さんに聞いてみるとともに、環境省外来生物対策室の資料(PDF)を参考に、見分けてみよう。ただし、絶対に素手では触らず、不安に思ったら各地方環境事務所または管轄の保健所に通報を。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!