夏の風物詩といえば、花火だろう。しかし今年は、台風や雨天の影響で花火大会が中止になるケースが多く見られた。また、そもそも忙しいなどの理由で、花火を見る機会がなかった人もいるかもしれない。

 現在Twitter上では、渋谷駅構内で見られる“打ち上げ花火”が反響を呼んでいる。

 東急田園都市線渋谷駅のコンコースで目撃された「この夏、花火を見上げる時間がなかったみなさんへ」というメッセージが書かれた広告。真っ黒で何も見えないように感じるが、フラッシュで撮影すると、打ち上げ花火が見える仕組みのようだ。

 この広告は、NTTドコモによる「世界初 スマホ花火大会」。フラッシュに反応し、目に見えないビジュアルをカメラ画面に表示させる特殊なフィルムを使っているという。

 タイムライン上には、ハッシュタグ「#スマホ花火大会」を付けて、撮影写真を投稿するユーザーが続出している。「とてもきれい」「何枚も撮ってしまった」と絶賛する声も。

 広告の掲示期間は9月10日まで。夏を満喫できなかった人は、スマホを片手に渋谷駅に足を運んでみてはいかがだろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!