ビジネスマンには欠かせない名刺入れ。無難なものを使うか、少し攻めてみるか、迷う人もいるだろう。

 現在Twitter上では、斬新なデザインの名刺入れが話題になっている。

 北海道・夕張市の鈴木直道市長(@suzukinaomichi)が6年ぶりに新調したという名刺入れは、なんとメロン柄。メロンの皮の網目と果肉が、本革で再現されているとのこと。夕張メロンで有名な夕張市の市長にピッタリの名刺入れだ。

 このなんとも個性的な名刺入れは、メーカー「andcompany(アンドカンパニー)」が製作・販売している「メロンなビジネス名刺入れ」(7,500円)。

 内装の果肉部分は、夕張メロンに代表される「赤肉」をイメージしたオレンジ、クラウンメロンの「青肉」をイメージしたライトグリーンの2色から選べる。

 Twitterユーザーからは、「素敵ですね」「夕張市長だとすぐに分かってもらえる」と賞賛する声が上がっているほか、「ぜひ名刺はオレンジで」「ふるさと納税の返礼品にしてほしい」という意見も。

 ちなみに9月26日現在、通販では在庫切れになっており、店頭の在庫分と合わせて再販可能か調整しているようだ。気になった人はチェックしてみよう!

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事