文書や画像を登録すると、店頭のプリンターで印刷できるようになるコンビニのネットプリント。自宅にプリンターがなくても印刷できるのが非常に便利だ。

 現在Twitter上では、ネットプリントで印刷できるこんな型紙が話題になっている。

 創作物のノウハウ共有サイト「黒の錬金術学会」を運営する倉戸みとさん(@mitragyna)が作成した「ペストマスク」の型紙。

 ペストマスクとは、17〜18世紀の中世ヨーロッパで、医師がペスト患者を診察するときに感染予防のために装着したマスクを指し、倉戸さんいわく、クチバシ状の部分には薬草・香草が詰められていたという。

 ハロウィンのイベントに使えそうなこの型紙、プリント料金さえ払えば、セブンイレブンのネットプリントで誰でも印刷できるそうだ。ただし、期間は2017年10月29日までなので、注意しよう。

 Twitterユーザーからは「お金を取ってもいいくらいのでき」「素晴らしい出来栄えなので、入金させてください」と、あまりの完成度に驚く声が寄せられた。

 これは気になる! ということで、トゥギャッチ編集部でも実際に試してみた。

 

 セブンイレブンのプリンターで予約番号「77694572」を入力し、型紙を印刷する。プリントに必要な料金は、120円。

 

 こちらを線に沿って切り取り、張り合わせれば完成だ。紙一枚だけではペラペラになるので、裏に厚紙を貼るなど工夫したほうがいいかもしれない。ちなみに、耳にかける紐をつける場合は、市販されているマスクの紐を利用すると便利という説明も。

 

 できあがったペストマスクをさっそく装着した。色味といいフォルムといい、とても紙とは思えない作りではないだろうか。30分ほどで、怪奇・ホラーファンにはたまらないアイテムが作れるのは素晴らしい。

 今回はネットプリントを使用したが、PCとプリンターを持っていれば、倉戸さんのブログの方から型紙を印刷することもできるようだ。

 ハロウィンも近づき、そろそろ仮装する人の姿が街なかで見られる時期。今年は、こちらのマスクをつけてみてはいかが?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事