走って転んだり、ぶつかったり何かと怪我をしがちな子ども。皆さんも小さい頃、絆創膏にお世話になったことがあるだろう。どうしても怪我とセットで記憶に残るため、絆創膏にいい思い出を持っている人はあまりいないのではないだろうか。

 現在Twitter上では、ちびっ子が思わず喜んでしまいそうなデザインの絆創膏が話題になっている。

 たむさん(@TuMumin)がデザインした絆創膏は、傷口にあてるガーゼ部分に血液が付着することで、ハートや太陽、さくらんぼなどの模様が浮かび上がる仕組みだという。怪我が痛くて泣いてしまうような子どもにも、喜んでもらいたい思いからこのようなデザインを考えたのだそうだ。

 このツイートに対して「料理をする人へのプレゼントにもよさそう」「血=恐怖と思う子どもが少しでも心穏やかになるような遊び心がある」「医療アイテム全般にこういった工夫があったらいい」という声が上がった。

 なお、この絆創膏「SECRET AID」は大学で制作した作品で、販売は特にしていないとのこと。ぜひとも、商品化をしてほしい…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事