一晩寝かせたカレーが好きな人も多いだろう。しかし冷蔵庫で冷やしたカレーをコンロで加熱する際に、鍋を焦がしてしまうことも。

 現在Twitter上では、そんな2日目のカレーを焦げつかせることなく加熱できる裏技が話題となっている。

 裏技はいたってシンプル。カレーの入った鍋をまるごと湯煎するだけだ。直接火にかけないので、これなら焦げることはないだろう。

 これに対してTwitterユーザーからは、「耐熱のボウルにカレーを入れて、レンジでチンするという手もある」「湯煎をフライパンで行なうとより早い」といった情報が寄せられたほか、「カレーのみならず、各種煮物を加熱するときにも使える」という声も。

 よく鍋を焦がしてしまう人は、これらの裏技で悩みが解決しそうだ。今度家でカレーを食べる時に、試してみてはいかが?

 

追記(2018/01/16 15:20)

一晩寝かせたカレーを食べると、ウェルシュ菌の増殖による食中毒になるケースがあります。75度以上で1分以上加熱すればほとんどの菌は死ぬため、湯煎やレンジでの加熱ではなく、しっかり鍋に火をかけて加熱するのが望ましいようです。翌日食べる際は十分に加熱してから召し上がってください。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事