10年数年前にYahoo! JAPANが運営していたチャットサイト「Yahoo!チャット」をご存知だろうか?愛用していた人も少なくないはずだ。この懐かしいサービスにまつわる、心あたたまる1つの体験談が今Twitterで話題になっている。

 10年前、投稿者のタダノ(@tadano_chan)さんが高校生だった頃、突然来たチャットがきっかけである中国人と交流を持つ。その後美大に進学し、久しぶりに連絡が来たときには見せられた絵が明らかに上手いと気づくのだった。

 この心温まるエピソードに、「いい話」「ドラマチック!」といった感動の声や、まだインターネットが良心的に使われていた時代だったのかもしれない、という声も挙がった。

 国や時間を超えて出会い、言葉を交わすオンラインチャットというツールが生んだつながり。「昔は言葉もやっていることも違ったのに、今は同じ話をしている」という感動が、実は身の回りにもあるかもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!