「プログラミングってどうやったらできるようになるの?」そう思ったことはないだろうか?よくこの質問をされるという汎用人工知能の研究をしている投稿者Kazuya Gokita(@kazoo04)さんがTwitterに投稿したその実現方法が話題となった。

 IKEAの商品にある説明書は、イラストだけで説明されるユニバーサルなものだ。それを真似たこのイラストでは、プログラミングが出来るようになるためには「わからないと思ったことを、Google先生に聞くこと」に尽きるとしている。

 Twitterユーザーからは「実際プログラムの勉強ソースの99%がGoogle」「五文字で言うとググレカス」「汎用的に使えそう絵だ」といった声が集まった。

 わからないことがあったらGoogleで検索する。プログラミングに限らず、多くのことに通ずる万能な「説明書」かもしれない。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事