羊毛を特殊な針でつついて作る羊毛フェルト。かわいらしい作品をよく見かけるが、実際やってみると難しい…。この記事は、羊毛フェルトが実際どれくらい難しいのか試してみたかった投稿者のアカツキユウ(@akatsuki_yu)さんの闘いの様子だ。

 友人が苦戦している羊毛フェルトに興味を持ったアカツキユウさんが今回製作したのはダイソーで販売しているキリンの羊毛フェルトだ。ニードルが折れやすいとの前情報に基づき、予備の針も購入してきている。

 仕上げ用のひとつまみ+5等分という指示が難しい。

 次の工程は羊毛を7cm × 5cmのシート状にすること。

 市販のスポンジの上で刺して固めようとする。

 最終的に体はこんな風に。

 足も完成。

 そしてここで折れるニードル。

 先日Togetter編集部でも羊毛フェルトを作成してみたが思い通りのかたちになったとは言いがたい。

 最終的にこのような形になったキリン。アカツキユウさんは結論として必要な道具を確認すること、専用マットの重要性、ニードルの折れやすさなどについて語っている。また、どうやら100円ショップのキットでの作成は普通の手芸店のキットよりも難しいそうだ。  やってみると難しい羊毛フェルト。だが自分で作った世界で一つだけの作品には愛着が湧きそう。あなたもぜひ羊毛フェルトに挑戦してみよう!

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事