新学期が始まると保護者はその準備に追われるものだが、学校から指定される方法に翻弄されてしまうことがある。Nirone(@Via_Nirone7)さんもそのひとり。小学校から「指定するノートの全ページに赤線を引いて連絡帳を作って」と指示されたという。

 学校の意図については不明だが、毎年保護者に求められている“苦行”だそうで、投稿者の奥様が先輩ママ友さんから受けたアドバイスは「何も考えるな。ただ引け」ということだったそう。

 投稿を見たTwitterユーザーからは当然のごとく「市販のノートではだめなのか」という声が。また、他人事ながらも保護者の苦労する様子を知って「引くならこんな学校と線を引きたい」と嘆きの声も寄せられた。

 保護者の負担を考えてもらいたいが、いっぽうで学校の先生たちが本来の業務以外の作業に大きな負担を強いられているという現実もある。学校のあらゆる作業について、合理的な方法を導入していくべき時ではないだろうか。

 
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!